31 1月 2019

「芦辺浦を人と人の交差点にする」

このおもいで、地元の仲間と去年「たちまち」という活動を始めて1年余りがたちました。この1年間、これからこのまち、社会はどうなっていくのか、どうあるべきなのかを考え、多くの人と話をしました。まだ具体的には活動がカタチになっているわけではありませんが、そのプロセスによって地元の人たちを中心に「何かが変わる」という感覚を少しずつですが共有することができていると感じています。

そんな中、2月9日には「たちまち」と壱岐市で空家の活用等に関する連携協定を結ぶこととなりました。これを機に去年より空家を改修をしていた「たちまちの拠点」をオープンすることになりました。ここは子どもたちが気軽に寄れる場所として、また移住の際の相談所としても機能する場所になります。3月には拠点に併設される、みなとやゲストハウスの食堂もオープンします。

 

そして、もう一つ動き始めたプロジェクトがわたしたちが手がけている賃貸住宅計画です。「たちまち」の活動を行う中で、(単純ですが)まちには人が必要であることを改めて感じました。ここに住んでいる人に、島外の多様な価値観を持っている人が混ざり合うことで、より大きな力になっていくこと、(わたしたちの生活も楽しくなっていくことも!)を知りました。この場所で生まれ育ち、今は島外にいる人も、旅の途中でここにふらっと寄った人も、信頼できる人がそこにいることが、ここで生きていくきっかけになると思います。気軽にここに住んでみて人と混ざり合うことが、この島に住む一歩になる。「気軽に住める住まいの準備」が必要であることを強く感じるようになりました。

 

単身者4人分の住まいという小さな計画ですが、敷地は芦辺浦の入口ともいえる場所でここから風景を変えていく、という思いで計画しました。海に突き出た100年以上前から何も変わっていない石積みの上にこの敷地はあります。そこはかつてイワシの加工場として人々が働き、賑わっていた場所。その場所に人の気配を再び取り戻すこと。これからまちと社会が変わる可能性のようなものを、少しでも感じられるものになれば、という思いです。

潮の満ち引きや風の音、自然のリズムや静けさを感じながら、シンプルな生活ができる住まいをつくります。今は4人分の住宅という小さな計画ですが、人の存在がこの場所を活性化し、感情や感覚を伴った新しい風景となることを願っています。

 

Read More

16 12月 2018

築50年程の空家を改修して、芦辺浦にふらっと人が立ち寄る場をつくっています。みなとやゲストハウスの食堂と、地元の仲間と立ち上げた「たちまち」による子どもたちの日常的な居場所を。他にも様々なつかいかたを考えています。今日は近所の人やここを訪れた人に協力してもらい、漆喰塗りをしました!下地は50年前につくられた、清石浜の土でつくられた土壁。50年間壁を塗ってきた左官さんが、作業中私たちに話してくれました。一人一人壁と漆喰と向き合う夢中になった時間。みなさん、ありがとうございました!

Read More

24 8月 2018

small studio from Lighthouse on Vimeo.

A Day in the Life

築40年の住宅をリノベーションした私たちの住まい兼仕事場「small studio」のイメージビデオができました。わたしたちの価値観(好きな時間やモノ)を表現するために改修した自宅と住んでいるまちの日常を、友人でもあるカメラマンの原さんに撮ってもらいました。このビデオのタイトル「A Day in the Life」は、「大切な日常」を表しています。わたしたちが住宅をつくる時に、日常の中の美しいひかりであったり、静かな時間であったり、また家族との何気ない会話であったり、を楽しみながら生活できることを考えています。それは難しいことではなく、意識するかどうかの問題ではないか、だからこそ住まいをつくるプロセスも大切にしていきたいと思っています。

この改修では、人が集まる家であること、食事の時間、そして静かな時間(静けさ)があること。そんなことを考えながら計画しました。改修して1年、改修する前の生活が少しずつ変化し、多くの人が集い、自然と何気ない日常を大切にするようになっていきました。生活が家に寄り添っているのか、家が生活に寄り添っていくのか、、、分かりませんが「住まいは生活を変えうること」を確信することができました。

Read More